今日の古々屋

現在表示しているカテゴリ: 入荷情報

2種類の兵児帯をご紹介します

カテゴリ : ここや日記, 入荷情報. | 2020年7月2日

ココウォークスタッフ涼子さんがインスタグラムにて

兵児帯の違いを紹介しております。

実は兵児帯、2タイプございます。

どちらもシワはありますが、あえてスッキリタイプとシワタイプとしております。

同じ結び方で違いをご説明しますね!

やはり、左のシワタイプの方が簡単にボリュームを出すことができます。

ふわふわっと仕上がる感じです。

スッキリタイプは、あまりボリュームを出したくない方におすすめです。

重ねるとこれくらいの違いがございます。

浴衣、帯、下駄の3点セットに含まれている兵児帯は、左のスッキリタイプ(左)です。

単品での購入も可能です。その場合は2500円(税別)となります。

右のシワタイプは最初から単品で販売している帯です。

こちら(右)は3,000円(税別)となっております。

 

色のバリエーションは下の通りです。

お好みの色を探してみてください。

すべての商品、店頭にてご覧いただけます。

 

コメントはこちら

帯のコーディネートの仕方

カテゴリ : ここや日記, 入荷情報. | 2020年6月25日

どんな帯を合わせるかで、全体のイメージが決まります。

まずは、自分がなりたいイメージを想像してみましょう。

例えば、、、、、

 

「大人っぽくスッキリした感じで着たい」なら

白地に細いボーダーが入った麻の帯を合わせていかがでしょうか?

三分紐に市松柄など模様があるものを合わせると、

寂しくなりません。

「元気な明るいイメージで着たい」なら、黄色の無地の麻の帯を合わせては

いかがでしょうか?化繊の無地の帯を合わせてしまうと、一気に子どもっぽくなりますので注意。

下駄やバックも同系色で揃えるとしっくりまとまった印象になります。

「優しい印象に見える着こなしがしたい」場合は落ち着いたピンクの兵児帯を

合わせてみてはいかがでしょうか。

簡単に結ぶことができますし、長時間着てもキツくありません。

「兵児帯を結びたいけど、子どもっぽくなりたくない」方は、

寒色系の色を合わせるのがおすすめ。

下駄の鼻緒と三分紐を紫にして、落ち着いたイメージに仕上げました。

帯に柄がない場合は、有田焼の帯留などを合わせると

抜けた印象になりません。

いかがでしたでしょうか。

帯のコーディネート、参考にしてみてくださいね。

 

コメントはこちら

シックな浴衣ご紹介

カテゴリ : ここや日記, 入荷情報. | 2020年6月13日

笹柄のシックな色合いの浴衣、ご紹介です。

小豆色笹柄浴衣 13,800円(税込15,180円)ネットショップ

生地は綿絽で、透け感がございます。

和装用のスリップを中にお召しいただければ、下着が透けることはございません。

気になる方はステテコなどをさらにお履きください。

帯はいろんな色が合いますが、今日はカラシ色で合わせてみました。

グリーンの帯留をポイントにしています。

飾り紐 3,000円(税込3,300円)ネットショップ

 

籠バックや扇子も、浴衣を演出する大切なアイテム。

浴衣に合わせていかがでしょうか?

 

アタバック 8,000円(税込8,800円)ネットショップ

扇子  1,000円(税込1,100円)ネットショップ

コメントはこちら

雨草履ご紹介

カテゴリ : ここや日記, 入荷情報. | 2020年6月11日

雨用の草履が入荷しております。

爪皮付きで水はねも安心です。

サイズはフリーサイズ。

お色は紫と水色がございます。

 

雨草履  5,800円(税別)ネットショップ(水色)

ネットショップ(紫色)

 

突然の雨に備えておきたいですね!

コメントはこちら

本日よりココウォークPOP UPショップスタートです!

カテゴリ : ここや日記, 入荷情報. | 2020年6月11日

 

おしゃれしてお出かけなんて、いつぶりだろう。

明日の天気を気にして、

鏡の前で色合わせして、

浴衣を着る特別な夏が、もうすぐ私を迎えにくる。

 

『ひらけ、夏!』

きものショップ古々屋

 

みらい長崎ココウォーク 2階 レッドキャベツ様 前 にて

浴衣POP UPショップが本日よりスタートいたしました!

 

開催期間 2020年6月11日(木)〜7月27日(月)

営業時間 10時〜20時(当面の間、新コロナウイルス感染拡大防止の為、20時まで)

 

感染症対策をとり、みなさまのご来店をお待ちしております。

感染症対策については、以下の通りです。

 

□スタッフは、検温、体調チェック表による健康管理を毎日実施。

□感染症拡大防止のため、マスク着用等による防止。

□手指アルコール消毒液の設置(お客様への手指消毒奨励)。

コメントはこちら