今日の古々屋

半幅帯2本で結ぶ帯結び(ひらひら文庫)

カテゴリ : ここや日記, 着付け. | 2012年7月26日

今日は、半幅帯を2本使った結び方をご紹介します。

2本だとボリュームも出て華やかさもアップupupup

いろんなアレンジも可能ですので、ぜひ挑戦してみてください!

今日は、文庫を少しアレンジしてみました。

帯結びの名前は、「ひらひら文庫」と命名heart04

帯が黒いのでわかりにくいかもしれませんが、真後ろから撮ったものです。

 

ちょっと今日は難しいので、他装バージョンでご紹介。

自装でもできそうだ!という上級者の方は、前結びで挑戦してみてね!

 

ちょっと斜めから見たところ。

さあ、今日もがんばってやってみよう!!

☆1☆ 他装バージョン

ここですでに難しいのですが、、、文庫部分に長さが必要ですので、

まずは1本のみを使用します。

手先を80センチ(好みで長さは調整してください)ほど取り、1巻きします。

しっかり引き締めて、緩まないようにピンチで留めます。

☆2☆

2巻き目から2本目登場です。

手先を25〜30センチほど取り、1巻き目の帯に重ねます。

このまま、2巻き目に突入です。

2巻き目。前から見た所。

胴前は、せっかくですので、ひだを取ったりねじったりしながら

表情を出します。

丁寧にひだを取ることがポイントです。

筋はしっかり通す。ぐちゃっとならないように注意してね☆

☆3☆

手先を上に結び、トリプル紐をかけます。

☆4☆

手先で肩幅強の羽根を取ります。

☆5☆

手先が落ちないようにしっかり押さえながら、

たれ元を持ち上げ、屏風だたみで適当に羽根を取っていきます。

羽根を取ったところ。

この帯の場合は、黒い帯で2枚、ゴールドの方で1枚羽根を取りました。

羽根は散らしてランダムにした方が表情が出ます。

☆6☆

トリプル紐に挟みます。

トリプル紐に挟んだ所です。

後から挿し入れた帯は、十分長さが残っています。

☆7☆

ゴムで挟んだ一番手前の羽根の幅を半分にします。(ゴムより上の部分のみ)

内側に半分に折って、丸い輪を作る感じです。分かるかな??

☆8☆

残りのたれで、文庫の羽根を作ります。

屏風だたみにして、肩幅より広めの羽根をとりましょう。

その際、下側の羽根を大きめ、上の羽根を少し小さめにすると

出来上がりがかわいいですよnote

☆9☆

羽根の中心で2つ山ひだを取ります。

☆10☆

中心をゴムで結びます。

☆11☆

☆7☆で作った輪の中に羽根を通します。

通すとこんな感じになります。

☆7☆の輪がゆるいと文庫がグラグラしますので、

黒い帯のたれをしっかり下に引っ張って、ゆるみをなくしておきます。

☆12☆

文庫の羽根の中心を隠すように、上の2枚の羽根をおろして完成です!

 

いかがでしたか???

ちょっと難しかったかな??

この結び方は、2本の帯の長さが違っても大丈夫ですので

お手持ちの帯でぜひ挑戦してみてくださいねhappy01

 

半幅帯は、店頭およびネットショップで購入頂けます!

ネットショップは、コチラです☆

 

2 Responses to 半幅帯2本で結ぶ帯結び(ひらひら文庫)

  1. 長谷川あゆ says:

    初めまして。
    黒字の浴衣にオレンジと紫の半幅帯を二本使えないか?と思い立ち
    『浴衣 帯 二本使う 結び方』で検索して辿り着きました。
    二本での結び方がとても参考になりました!

    質問なのですが、
    こちらのページに載っている帯の結び方をした場合、
    帯締めを使いたい時は、どのタイミングでどこに通したら良いと思われますでしょうか?

    浴衣初心者の為、さっぱりわかりません。
    もし宜しければ教えて頂けないでしょうか?

    • kokoyakimono says:

      初めまして^^ホームページを見てくださり、ありがとうございます!
      2本使った帯結び、最初は難しいかもしれませんが、ボリュームがでて
      色んなアレンジが楽しめますのでぜひ試してみてくださいね♪

      帯締めを使う場合は、名古屋帯をするときのように最後にタレを作るイメージで
      輪っかになっている部分に通してお太鼓の形のようにしてあげてもいいですし、
      どこかに通すのではなく、ただ帯を上から押さえる役割として、ひだの一番下
      を通って結んであげてもいいかと思います^^
      参考にしていただけると嬉しいです。

      また帯結びのアレンジなど更新していきますのでぜひチェックしてくださいね。
      ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です