今日の古々屋

浴衣の帯結びのご紹介(変わり片挟み)

カテゴリ : ここや日記, 帯の結び方. | 2018年7月13日

ちょっと粋に着こなしたい!

そんなときは、ぜひこの結び方に挑戦してみてください。

 

片ばさみのアレンジで、古々屋風に仕上げてみました!

できあがりは、こんな感じです。

では、結び方です。

1.手先を50センチ取り、胴2巻したれを上に結ぶ。

2.手先を右に折り返し、右が輪になるように羽根を取る。

3.たれを上からかぶせる。

4.残りのたれは、適当に屏風だたみにする。

5.屏風だたみにしたたれを胴巻きの中に差し込む。

6.2の手先の羽根がしっかり留まるよう、たれをギュッと下に引く。

7.上に上がったたれを下に下ろし、手先の左側も折りさげて、全体を整えたら完成です!

 

わからないところは、お気軽にご質問ください!

2 Responses to 浴衣の帯結びのご紹介(変わり片挟み)

  1. Kk says:

    なかなかうまくいきません。。。。

    • kokoyakimono says:

      コメントありがとうございます。
      少しハリのある帯の方が締めやすいかもしれません。
      分かりにくい部分がありましたら、いつでもメールでも結構ですので
      ご連絡くださいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です